お酒を使うとなぜエッチができるのか?その科学的な理由

お酒を使うと女性とエッチがしやすくなります。
女性の性欲も高まり、エッチに持ち込みやすくなるんです。
では、なぜエッチしやすくなるのか?そこには科学的な理由がちゃんとあるのです。

d39cc0c1

 

女性をエッチに持ち込むためには、
お酒ほど手軽で便利で確率の高いものはありません。

まあ誰でも一度や二度は使ったことがでるでしょうし、
気に入った子と親しくなりたい場合は、
とりあえず飲みに誘うというのが定番ですよね。

酔わせることが二人の仲を近づけるというのは、
男なら意識せずとも知っていることなのです。

 

では、なぜお酒がそんなに効果的なのか?

お酒を使うとなぜエッチできるのか?

ちょっと科学的な理由をご紹介します。

 

まずはこちらの記事から。
酔うと「性欲」がアップするってホント!? お酒と恋愛の関係を科学的に解説!<女性編>

簡単に説明をすると、人間の体内にはテストステロンという物質があり、
基本的には男性に多く、女性には少ない物質だそうです。

しかし、アルコールが入るとテストステロンの物質量が増加するので、
女性も男性的な肉食モードに入りやすくなるとのことです。

お酒を飲むことで、女性もより男性的な本能が強くなり、
男性が女性を求めるような肉食的な感覚が女性にも強くなるんですね。

だから、女性にも男性のような性欲の強さがもたらされるというわけです。

 

それからこちらの記事。
脳科学的にも「酔うと一夜限りの恋をする」ことが判明!

お酒が入ると理性をつかさどる大脳新皮質のはたらきが鈍くなり、
本能を分担する大脳辺縁系が暴走し始めるとのこと。

つまり、これが理性の働きが弱くなるということですね。

こうなると「エッチしたい」という性的欲望も抑えが効かなくなりますし、
普通ならエッチしない状況でも「エッチしてもいいかな」と
思い始めてしまうわけです。

また、お酒には人を気持ちよくする成分エンドルフィンが入っているそうで、
これって恋愛した時に出る物質と同じそうなんですね。

ということは、お酒を飲むことで擬似恋愛状態に入ってしまうため、
シラフだったら何とも思わない男性に対しても「この人いいかも?」
という感情が沸き起こってくるのです。

だから、好きでもない男性や思ってもいなかった男性とも
エッチをしてしまうことがあるんです。

 

これは最初の記事の方にも同様のことが書かれてます。

簡単に説明すると、
お酒を飲むと快楽物質のドーパミンが分泌され、
それによって視床下部が刺激されます。
この視床下部というのは「性欲」を司る部分ですので、
そこが刺激されることによって性欲が高まってくるというわけです。

 

これらは別に都市伝説でも何でもなく、
科学的に解明された仕組みです。

お酒を飲むとムラムラしたり、エッチがしたくなったり、
好きでもない男性とでもエッチしてもいい気分になるのは、
ちゃんと根拠があってのことなんですね。

 

男としては、これだけ効果的な道具である「お酒」を
使わない手はありません。

ただ、いくらお酒が効果的な道具だとは言っても、
ただ単にお酒を飲ませればそれでOKというわけではありません。

お酒を上手く利用する方法を知っているということが
とても大事なことになってくるのです。

もしお酒を飲ませただけでエッチできるなら、
それこそ女性と飲みに行っただけでヤリまくりですよね?

でも現実はそうではないわけです。

 

一方では、飲みというチャンスを上手く使って、
酔った勢いでのエッチをバンバン成功させている人もいます。

その差は、お酒を使って上手くエッチに持ち込む方法を知っているかどうかです。

 

じゃあその方法は?というのが
前回もご紹介したこちらなんです。

>> サシ飲みセックスアリジゴク 詳細はこちらから

やっぱりこれは、男なら絶対に知っておいた方がいい内容です。

これからの人生でたくさん活用できる機会がありますからね。

コメントを残す