質問することで女性をその気にさせることができるのか?

女性に質問をするだけで、本当に落とせるのか?

それにはある有名な実験があります。

心理学者のアーサー・アーロン教授が、
実験室で2人の男女に36の質問を二人で答え合ってもらう
という実験を行いました。

→ 質問に答え合うだけ。誰とでも恋に落ちる方法

この36の質問というのは、この質問をするだけで恋に落ちてしまう、
恋に落ちてしまうような仕組みになっている質問になっているのですが、
それを実際に試してみたのです。

 

その結果は、大成功でした。

被験者の中には、実際に結婚にまで発展してしまったケースもあったようです。

 

コミュニケーションの大きな要素には質問があります。

質問をすることで相手の気持ちを引き出すこともできますし、
質問をすることによって会話が盛り上がっていくというのは
あなたも経験上から理解できると思います。

 

そして、何より、質問には心を揺さぶる効果があります。

質問をされると内面に問いかけられ、
思考を否が応でも刺激されますので、
半ば強制的に心を動かされてしまうわけですね。

ですから、先程の36の質問をする実験が成功したというのも
当然といえば当然と言えるのです。

 

とは言っても、さすがに36の質問は多すぎる!

36の質問なんて覚えることはできませんし、
36も質問していたら、さすがに女性から引かれてしまいます。

 

しかし、それがたった3つの質問だったらどうでしょう?

3つの質問を通じて女性の心を揺さぶり、
ノーマルな状態から女性の心を落としていくテクニックが、
こちらの教材で学べるテクニックです。

→ 「【Three Questions プログラム】3つの質問で女性を好きにさせる方法」

 

先ほどの36の質問は、様々な心理テクニックがそこに込められています。
だからこそ、36の質問を進めていくことで、恋心が芽生えていくわけです。

それと同じことを3つの質問という形に集約させ、
実戦で使いやすい形にまとめたのが【Three Questions プログラム】です。

 

3つの質問という形で簡素化されていますが、
さすがに3つの質問をしていっただけで落ちるっていう
簡単な話ではありません。

しかし、その3つの質問が呼び水の役割を果たし、
教材の中で教えてくれるテクニックを実行していくことによって、
女性の恋愛感情、ひいてはエッチしてもいいという感情を刺激することができるのです。

実際に教材を見ればわかることですが、
単純に3つの質問をすればOKという嘘っぽい話ではありません。

3つの質問を通じて、そこにしっかりと心理テクニックを仕掛けていく、
女性を誘導していく仕掛けをしていく方法を学ぶことができる教材なのです。

 

主に対象としているのは、1対1での女性との会話です。
じっくりと会話の中で質問を通して気持ちをコントロールしていくので、
合コンのように複数の中での会話よりも、1対1での会話の方が向いています。

相手は特に問いませんね。
女友達であろうが、合コンとかで知り合った女性であろうが、
どんな関係の女性に対しても使えるノウハウです。

 

質問をするのは会話の基本でもあります。
質問をすることで会話を展開していったり、女性の気持ちを引き出したり、
女性の心を揺さぶっていったりするわけですよね。

下ネタなんてまさにそうで、
何とか女性のエッチな内面を引き出そうとして質問しますよね。

それだけ質問って重要ですし、
女性との関係を作っていくうえでは必要不可欠です。

 

しかし、質問を意図を持って使っている人はそう多くはありません。
たいていは単に知りたいことを質問しているだけで、
質問をすることで相手の心をコントロールしようと思っている人もいなければ
出来ている人もまずいないと思います。

しかし、質問は破壊力を持ったアプローチです。
質問を上手に使って心理に働きかけれることができれば、
女性の気持ちをコントロールすることも不可能ではないのです。

 

この教材は、本当に良く出来た教材です。
女性をコントロールすることが非常に計算されたテクニックになっています。

だからこそ人気が出た教材ですし、
だからこそ伝説とい言われるくらい評価が高かった教材でもあるんです。

 

それがやっとこさ再販売されました。

しかも、今なら限定価格での割引販売中です。
今以上に安く手に入れられることは今後ないでしょう。

それも、6月8日いっぱいで値上げされてしまいます。(10,000円くらい値上になるらしい)

興味を持ったのであれば、今のうちに購入することをオススメします。

→ 「【Three Questions プログラム】3つの質問で女性を好きにさせる方法」の公式サイトはこちら

 

コメントを残す