女友達とセフレになるきっかけ「エッチな話」

まずは女友達とエッチな話ができるようになる

女友達の場合すでに友達関係ができているので、これはセフレ作りには大きな利点です。

通常セフレを作るときは、相手の女性といかに仲良くなるかが第一歩ですので、その段階を省けるのが女友達相手の良いところです。

まずは女友達とエッチな話ができるようになることが最初の目標となるでしょう。

 

これからセックスしようというのに、エッチな話すらできないようでは話になりません。

付き合いの長い子や元々下ネタOKの子などは別として、知り合って間もない友達や知り合いだったり、あまりエッチな話をするタイプではない子とは、友達付き合いは普通にしていても、意外とエッチな話は普段しなかったりするものですよね。

でも正直なところ、エッチな話が嫌いな女の子なんてほとんどいません。
女の子同士の間では、男がびっくりするようなエッチな話をしていたりするものです。

 

普段エッチな話をしない子は、男の前でエッチな話をするのが恥ずかしかったり、エッチな女だと思われたくないだけなのです。

または、男がしたがるような、ぐへへぐへへといったような、下心丸出しな下ネタが嫌いなのでしょう。

そういう子の気持ちを解して、徐々にでいいのでエッチな話もできるようにしていきましょう。

 

最初は飲みの席や友達グループでのエッチな話から

女友達とエッチな話

最初はお酒の入った飲みの席や友達数人といる時にでもエッチな話をするようにしていきましょう。

普段エッチな話をしていない子に、いきなりマンツーマンでエッチな話をし出しても怪しまれるだけです。

 

飲みの席などではエッチな話は付きものですし、エッチな話を振っても怪しまれることも少ないでしょう。
それにお酒が入っていると、エッチな話もノリでしやすくなります。

それに友達数人がいる場の方が、1対1でいる時よりも女性はエッチな話がしやすいものです。

当然数人が集まる場所では踏み込んだエッチな話まではできません。
だからあくまでもライトに笑いを交えた内容で、あまり踏み込みすぎないようにという、程度の調整は必要です。

 

しかし、普段エッチな話をしない子にエッチな話をさせるには最適な場だと思います。

また次にエッチな話をするときの、話題作りにもなります。
「この前、こんな話したよね~」みたいな感じですね。

まずは飲みや友達数人といる場からエッチな話に参加させ、慣らしていくのがいいでしょう。

 

女友達と二人きりでエッチな話をできるようにする

女友達とエッチな話

大勢でのエッチな話に慣れてきたら、次は二人きりでのエッチな話です。

ただ女性にとって、1対1でエッチな話をすることはかなり恥ずかしいことのようです。
飲み会でノリノリでエッチな話をしていた女性が、二人きりの時になると恥ずかしがってエッチな話に乗ってこない、なんてこともよくあります。

それに二人きりの時にエッチな話を振ろうとすると、下心があるんじゃないかと勘ぐられる場合もあります。

例え飲みの席などである程度きわどいエッチな話をしていても、そのノリで二人きりの時にきわどい話をするのは危険です。最初は軽いエッチな話から始める方がいでしょう。

 

話題は女性の遠いところから徐々に近くへ

エッチな話、特にマンツーマンでのエッチな話の時は、自分の話からするようにした方がいいでしょう。

基本的に会話は聞き役に徹した方がいいのですが、エッチな話の場合は事情が違います。

女性はエッチな話を聞き出そうとされたり、話を振られたり、また自分のエッチな話を話題にされたりするのに抵抗を感じるものです。
やはり恥ずかしいという気持ちがあるのでしょう。

何度もエッチな話をしている間柄なら問題ないでしょうが、まだそうでないうちは女性を話題の中心にするのは避けた方がいいでしょう。

 

初めのうちは、自分のエッチな話をするのがベストです。

男性の話であれば女性も聞いているだけで済みますし、女性が恥ずかしい思いをすることもありません。(男性の方が恥ずかしいかもしれませんが)

自分の話を話題にし、そこへ女性に参加してもらうのです。
男のエッチな話について感想を言ったり会話に加わったりするくらいなら女性も抵抗なく話せるからです。

ちょっと真面目な相談だったり、失敗談から始めるのがいいかもしれませんね。
そういう話であれば、下心をあまり感じさせなくて済みますし、女性の方も比較的答えやすい話題になります。

 

また友達の話やネットや雑誌などで見た話を話題にするのもいいでしょう。

そのような話をしているうちに、自分だったらどうだとか、自分の周り子はどうだとか、場合によっては自分の体験の話など、だんだんと身近な話が出てくるようになります。そこから話題を女性側へシフトしていけばいいのです。

基本的に話題は、相手の女性の遠いところから、徐々に女性の近いところへ移していくようにするのです。

友達の話とか、人に聞いた話、雑誌やネットで見た話だと、当事者感が薄いので、比較的会話を受け入れやすいのです。
当事者がそこにいると生々しさが出てしまうのですが、自分たちが当事者ではない話題であれば、気楽に会話に参加することができますよね。

間接話法的な感じにして、ちょっと会話と自分たちの距離を開けるのです。

 

そして、そこから徐々に距離を縮めていくって感じですね。

間接的で距離の遠い話題から、徐々に自分達の話、まずはあなたの話から、相手の女性が当事者である話という感じに、徐々に距離を相手の女性に近づけていくのです。

もちろん一度の会話で女性の話題に一気に持って行くのは危険でしょう。
いきなり女性の話題に持って行ける時もありますが、それは空気を読みつつ進めていってください。

相手の女性自身の話題に移る頃には、二人でエッチな話をするのが当たり前になっているはずです。

そうなってきたら、徐々にきわどい話も織り交ぜていきましょう。もちろん相手の反応や空気を読みながら。

 

エッチな話を習慣にしてしまう

ちなみにエッチな話はできるだけ毎回するようにした方がいいと思います。
エッチな話ばかりでは呆れられますが、少しずつでいいので毎回エッチな話を織り交ぜるようにして、エッチな話をする習慣をつけるようにするのです。

もちろんバランスには気をつけて、集中的にエッチな話をする場合と、ほんの少しだけする時とを使い分けます。

「こいつはエッチな冗談ばっかり言うやつだ」と流されるようになってしまっては困りますが、エッチな話をしても自然でいられるようなスタンスを保つようにするのです。