女友達とセフレになるきっかけ「電話やLINEでエッチな話をしよう」

電話やLINEでエッチな話ができるようにする

電話やLINEでのエッチ話は意外と盛り上がる

女友達と電話でエッチな話

よく面と向かい合ってより、電話の方が何でも言いやすいと言います。
特にエッチな話となると、面と向かっては言いづらいこともありますよね。

しかし、電話などであれば、相手の顔を見ることもありませんし、その場に相手もいませんので、多少言い辛いことも言えるようになるのです。

 

特に、今であればLINEなどで文字でのコミュニケーションも活発になっています。
言葉で直接会話するよりも、文字でのコミュニケーションの方がもっとハードルが下がります。

文字でのコミュニケーションといっても、メールとは違って、リアルタイムでダイレクトなやり取りが可能です。
レスポンスの早いLINEのチャットは、臨場感もありますし、電話で話しているくらいのテンポの良さもあります。

それが気分の盛り上がりにも繋がるんですね。

ですから、LINEを使った文字のコミュニケーションも今は重要なツールと言えます。

 

一方では、エッチな話の場合、話題にもよりますが、電話やLINEの方が恥ずかしさが増すこともあります。

LINEや電話でのやり取りの場合、他から横槍が入りづらいので、会話に集中しやすいんですね。

外で会っている時にエッチな話をする場合は、大抵が食事や飲みの時、歩きながら、車の中など、“何かをしな がら”の場合が多くなります。
何かをしながらだと会話への集中度も落ちますし、周りの雑音や場の雰囲気などで気恥ずかしさも減少します。

しかし、LINEや電話だとそういう外部の雑音がないために、会話がその場の全てになるのです。

 

電話やLINEとなると、ながら会話と違い、話への集中度が増します。
入ってくる情報は会話の内容だけになり、二人の間にあるものが会話のみということになります。
表情や身振り手振りで誤魔化すこともできません。

そのような状況の中でエッチな話をするというのは、女性にとってとても恥ずかしいことなのです。

 

また、雑音がない分だけ、会話の内容も本気度が増す傾向がありますので、それを警戒して電話やLINEでのエロトークを嫌がる女性もいます。

ですので、会話の内容も、いきなり突っ込んだエッチな話をするのは避けた方がいいでしょう。
例えある程度二人きりでエッチな話ができる仲であっても、電話やLINEで話すのとはまた違いますので、まずはライトなエロトークから入って内容を徐々に深めていく方がいいでしょう。

ここでも二人きりでのエッチな話の時と同様に、軽い会話から徐々に女性自身の話題や突っ込んだ話に移していくといいですね。

 

電話でのエッチ話はやり過ぎに注意

ただし、注意しなければならないのは、あまりエスカレートしすぎないようにです。
というか、エスカレートするのはいいのですが、あくまでも女性の方の反応を見つつです。

女性がエスカレートしたらこっちもエスカレートしていってもいいですが、女性が途中で引いているのに、男性の方だけ勝手にエスカレートするのは失敗の元です。

 

というのも、これがよくあるケースなのです。

電話やLINEって会話に集中しているので、エッチな話をしていると、どんどん気分も盛り上がっていき、どんどん興奮していくんですよね。特に男性側が。
だから、どんどん男性側のスイッチだけが入っていって、男性の方が暴走してしまうことが結構多いのです。

女性もエッチな話をしているといっても、どんどんエスカレートしていける時もあれば、途中でこれ以上は無理と線引きする時もあります。
その線引きを見極められずに、男性の方だけ興奮して暴走してしまうと、完全に女性の方が引いてしまいます。

そうなると、次からはエッチな話に付き合ってくれなくなったり、より警戒心を強めてしまいます。当然ですよね。

 

電話やLINEでのエッチな話は気分的に高揚しがちですが、どこかで相手の反応を冷静に見て、相手のペースに合わせて会話を深化させていくようにしていきましょう。

逆に、そこを空気をよんで適切に対応できれば、女性の安心感にも繋がりますので、よりエッチな話をしやすい関係ができあがります。

 

あと、エッチな話をする時は深夜が多いと思いますが、深夜に電話したりLINEでエッチな話をしていたら、寝る時間が来て途中でトークが打ち切りになることがありますよね。

そんな時は男性としては消化不良で、翌日などに続きの会話をしたくなるものですが、基本的には強引に会話を翌日も続けようとしない方がいいです。

女性の気分は結構変わりやすいです。
特にエッチに関しては気分がコロコロ変わります。

ですから、男性としては前の日にしたエッチな話の余韻が残っていて、翌日も続きの話をしたいと思っていても、女性の方では完全に気持ちが切り替わって、全くエッチな話をしたい気分ではないってこともかなり多いんですね。

そこを男性側の勝手な欲求だけで前日の話を強引に続けようとしたり、強引に蒸し返そうとすると、これまた女性から引かれてしまいます。

だから、エッチな話は、その場完結。その日完結。
そういう気持ちでいた方がいいですね。

当然、女性の方から続きの話が出てきたら全然乗っていって構いません。
また、前日のエッチな話の続きをしたいなら、いきなり続きの話をこちらから振ったりせずに、遠回しな話題から始めて徐々に続きのエッチな話に上手く繋げられるように戦略的に攻めるようにするようにしましょう。

 

意外とこれをやってしまう男性が多いんですよ。
電話ではあまりやらないのですが、LINEで結構やってしまうんですね。

LINEってこっちの都合でメッセージを送れるので、こちらのテンションのままにメッセージを送ってしまいがちです。

だから、こっちがエッチな話の余韻のままにエッチなメッセージを送ってしまって、それを見た女友達の方が引いたっていうのは結構多いケースです。

会話が中断したら、女性のテンションはゼロに戻っていると思って、冷静に対応するようにしていきましょう。

 

ホントに突っ込んだエッチな話は電話の方が話しやすい

電話やLINEは時には淫靡な道具になる

本当に突っ込んだエッチな話は電話の方が話しやすかったりするのです。

突っ込んだ話というのは、結構お互いに会話に集中しがちです。
マジトークとかって、結構会話に集中しますよね?

それに自分のエッチな話をするときは、誰にも聞かれないという環境の方が話しやすいものです。

そして電話やLINEでの通話だと会話から逃げられにくいという利点があります。
普段の会話なら上手く逃げられそうな核心に迫ったエッチな話などを聞き出そうという場合は、電話やLINE通話でする方が答えてもらいやすいのです。

 

そして電話やLINE通話というのは、状況によってはかなり淫靡な道具になるという利点もあります。

お互いの姿も表情も見えず、周りにも誰もいない、お互いの声だけの空間というのは、話題によってはかなりヤラシイものに感じるのです。

テレフォンセックスというものがありますが、あれを経験したことがある方ならわかるでしょう。
あれも電話ならではの淫靡さを上手く利用した行為です。

そのように電話は、使い方によってはかなりエッチな道具となり得るのです。

 

私は以前、女友達と電話をしているときにオナニーをしていることを告白させたことがあります。

それまでも何度か「してるんじゃないの~?」的なことを冗談半分で言ったことはあったのですが、毎回「してない」と言われていました。ま、当然ですね。

しかし、電話でいつもとは違った感じで少し真剣(?)な感じで聞いてみました。
すると彼女は「たまにするときあるかな・・・」と白状してくれました。

恐らくこれも電話じゃなかったら、素直に答えなかったでしょう。
電話特有のエッチな雰囲気が「言っちゃおうかな」という気にさせたのだと思います。

 

このように、電話やLINEは面と向かっては言えない突っ込んだ話を聞くときには、大きな威力を発揮する道具なのです。

今までの経験人数やして欲しいエッチ、性感帯の話や過去にした興奮したエッチなど、女性にとって白状するのが恥ずかしい話は電話やLINEで聞くのも一つの手段だと思います。

ここまで話せるようになれば、セフレへのかなり大きな前進と言っていいかと思います。

実際にセックスをするという“行為”の面を除いては、エッチに関するタブーはなくなったと言って良いでしょう。

まずはエッチな話を通して、女友達のエッチな一面をさらけ出させてあげるのです。