ナンパでセフレを作るには?

ナンパはとにかく数をこなす

ナンパ

ナンパのコツを掴むには?という問いに対する最も正確なアドバイスは、「とにかく数をこなす」「何回も何回もチャレンジする」ということに尽きるでしょう。

この答えには二つの意味があります。一つは「経験すればするほど、確実にスキルが上がっていく」ということ。そしてもう一つは「百発百中の成功率はあり得ない」ということです。

経験を積むほどスキルアップする

ナンパの技術は、経験に比例します。数多くこなせばこなすほど、確実に上手くなっていくのがナンパの面白いところです。

最初は上手くいかないことの方が多いと思いますが、数多く経験するうちに、声のかけ方や女性の落とし方など、自分なりのやり方が身に付いていくのです。

ナンパが上手くならない人は、最初の数回が上手くいかず萎縮して、ナンパを辞めてしまうからです。最初から上手くいくことはまずないでしょう。最初はどうしても、失敗の連続になります。ナンパの達人と言われる人達も、最初から上手くいっていたわけではないのです。

しかしそこを乗り越えて経験を重ねていけば、確実に上手くなり、好きなだけ狙った女性を落とせるようなスキルが身に付いていくのです。

百発百中のナンパはあり得ない

ナンパとは失敗が付きものです。声をかければ誰もがついてきて、狙った女性は確実に逃がさない、とはなかなかいかないのがナンパの難しさであり面白さでもあります。

ナンパの達人であればかなりの高確率で落とすことはできると思いますが、一般の人が真似をするのはとうてい無理ですし、達人であっても百発百中とはいかないものなのです。

とにかくナンパでは声をかけまくるのがとても大事なのです。失敗したら次へ、また失敗したらまた次へと、どんどん声をかけることです。声をかけ続ければいずれ必ずヒットします。

一度や二度失敗したくらいで諦めないことです。いちいち失敗にめげているのではなく、どんどん前向きにトライすることです。ナンパで失敗しても、失うものなんてないのですから。

ナンパでは大胆さが必要

女友達が相手の時や合コンではある程度の慎重さが必要でしたが、ナンパでは大胆に行く方がいいでしょう。

ナンパをする場合、当然下心あってのことですし、それに応じる女性も下心があるのを前提に応じているのです。多少のエッチな行動も、女性にしてみれば驚くことではないですし、それで引くということもあまりないでしょう。

それに元々ナンパでは失うものは何もないのですから、落とさなければ損です。慎重になりすぎて、逃してしまってはもったいないです。ナンパでは女性に奢ることも多いと思いますが、それでセックスまでいけなかったらそれこそ奢り損です。

もちろんいきなり最初からエロモード全開ではマズイでしょうけど、多少場が温まったらある程度エロモード全開でいっても問題ありません。ボディタッチなども絡めて、なるべく女性をエッチな気分にさせるようにしていきましょう。

20代前半までのナンパ

ガンガン攻めてもいい年齢

ナンパ

20代前半といったら、ナンパの全盛期の年齢でしょう。敬遠されることもないでしょうし、ガンガン攻めないともったいない年頃です。場所を問わずストリートでもどんどんとナンパしていきましょう。

20代も半ばを過ぎてくると、ナンパしづらくなってきます。やはりいい年してナンパというのはイメージもあまり良くないらしく、反応も悪くなってきます。特にストリートでのナンパは、ある程度のスキルを持った人でなければ難しくなってくるでしょう。

しかし20代前半までだったら、何の違和感もなくナンパが受け入れられます。若いというのは大きな武器なのです。せっかっく強い武器を持っているのですからどんどんとナンパをしていくべきです。

いまだに人気のスキー場や旅行先

昔から冬はスキー場、夏は離島などがナンパの人気スポットですが、いまだにナンパスポットとしては人気のようです。

やはり旅行というのは開放的になります。特に女性だけで来ている人は、多かれ少なかれ出会いを期待しているものです。当然そのような女性は、他の女性よりも落としやすいに決まってます。また地方から遊びに行く人も多いので、意外と同じ地元の女性と出会えたりするのです。

このような場所に遊びに行くのは、特に泊まりで行くのは学生が圧倒的に多いです。ですので、当然狙い目は学生の冬休み・夏休みということになります。

基本的にどこで声かけても構わないと思いますが、個人的にお勧めなのは同じホテルや民宿に泊まっている女性です。
特にスキー場の場合、昼間はスキーやスノボをしているので、なかなかゆっくり話すことができません。しかし夜のホテルとなれば、じっくり時間も取れます し、部屋がある分そのままセックスということも十分可能なのです。もちろん同じホテルに気に入る子が止まってるかどうかは運頼みということになりますが、 個人的には結構良い確立でゲットできています。

夏だったら、やはり夜の海岸でしょう。日が暮れると花火を持った若者がどこからともなく湧いてくるので、海岸全体性欲の固まりのようで見ていて 笑えます(笑)ここではとにかく臆せずひたすら声かけでしょう。敵も多いのですが、女性の数も圧倒的に多いので、ひたすら声をかければ一組はゲットできる はずです。ポイントはスピードです。

20代中盤からのナンパ

20代も中盤以降になると、なかなかナンパをしづらくなってきます。スキルを持っている人は問題ないと思いますが、普通はストリートでの反応も悪くなり、ナンパをする場も少なくなってきます。
それではナンパはもう諦めるのか?いえ、20代中盤以降にも20代中盤以降なりにナンパのやり方があるのです。

お勧めはクラブナンパ

クラブナンパ

個人的にお勧めなのが、クラブでのナンパです。クラブと言っても、音楽の方のクラブです。

クラブというとどうしても音楽好きが集まるというイメージがあります。もちろん音楽好きが集まるというのが基本ですが、今はクラブもかなり多様 化しており、音楽好き以外でも楽しめるパーティーが用意されています。「音楽には興味ないよ」などとは言わずに、ぜひ行ってみてください。

今は20代中盤以降を対象にした大人向けのクラブ、パーティーがかなり増えてきています。そういったクラブやパーティーは、決して音楽好きでないと楽しめないというものではありません。

実際にそのようなクラブ・パーティーには、音楽好き以外の人もたくさん参加していますし、そのような人でも楽しめるようなイベントが用意されているのです。

そして、年代に関わらず、男女の出会いの場としてクラブは常に利用されています。楽しむのが目的の場所ですので、当然女性のテンションも高く、またクラブでナンパをするというのは決して珍しい行為ではないため、非常にナンパがしやすいのです。
お酒とクラブ独特のテンションもあってか、女性のノリが良いのも特徴です。そこまでずば抜けたトークスキルなど必要なく、テンションだけで乗り切れるのも大きな利点といえるでしょう。

何かしらの出会いを求めてクラブに遊びに来ている女性も多く見受けられます。大人のナンパスポットとしては、条件が揃いすぎているくらいの場所がクラブなのです。
音楽が好き嫌いに関係なく、ぜひ行ってみるべき場所でしょう。

ナンパの達人に学ぶ

正直私自身もナンパは得意な部類ではありません。それでもナンパでゲットすることができるのです。慣れれば誰でもゲットできるようになるのがナンパの良いところなのです。

ナンパができるようになれば、世の中の女性全てがターゲットになると行っても過言ではありません。街中や遊 びに行った先で見かけた綺麗な女性も、全てターゲットにできるのです。時と場所を選ばず女性と出会うことが出来る、これこそがナンパの大きな魅力なので す。それだけナンパができるということは、大きなメリットがあるのです。

それでもナンパにはどうしても気後れしてしまうと言う人は、ナンパの達人に学ぶのが良いでしょう。世の中には、一日で数人、月数十人もナンパで女性とセックスしている強者が実際に存在します。私などとうてい及ばないようなスキルの持ち主達です。
そのような人達もWEBサイトを多く開設していますので、そのようなサイトを見て学ぶのも良いと思います。「ナンパ」で検索すれば沢山出てきます。

またマニュアルで学ぶのも一つの手段として非常に有効だと思います。ナンパは技術を学べば誰でも出来るようになります。イケメンでなくても、金 持ちでなくても女性をお持ち帰りできるようになるのです。マニュアルで技術を学ぶのも、スキルアップのためには大きなプラスになるのです。ナンパの技術は学べるのです

様々な手段を使ってナンパのスキルを上げることをお勧めします。それだけナンパはセフレ作りに大きなパワーを持っているのです。

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ