夏は海でセックスをしまくれ!夏の海ナンパ・リゾートナンパ

夏のセフレの作り方

夏は海でセックスをしまくれ!夏の海ナンパ

夏のセフレ

やっぱり夏といったら海でしょう!

最高に夏を満喫できる場所であり、最高に女の子も開放的になっている場所です。

夏の海で水着で遊んでいる女の子を見て何も思わないなんて男じゃありません。

当然ナンパとなるわけですが、夏の海でのナンパというのは最高なんです。
というのも、夏の海でのナンパなんていうのはごく当たり前な行動であって、女性の方も当然のことと受け止めてくれる。

つまり、夏の海でナンパするのは普通のことであり、ナンパするのが当然で、ナンパされる女性も想定内である、という空気が完全にできあがっているのです。

これは普段の街中ではありえないことですよね。
やはり普段の街中でナンパをすると、多かれ少なかれ「え?」という顔をされます。

夏の海ではこれがないので、非常に声がかけやすいのです。
普通の会話のように声をかけることができます。

夏の海であれば、普段はナンパをしない男性でも、気軽に声をかけることができると思います。

そして、もう一つ素晴らしいのが、女性の男性に対するハードルが下がっているということです。

どういうことかというと、普段であったら相手にされないような男性であっても、夏の海であればよほどのことがない限り、女性に相手にしてもらえるのです。

これも夏の海というテンションが成せることなのでしょうか。
男性を見る目が緩くなっているのです。

ですから、夏の海ではガンガン声をかけていくようにするべきでしょう。
ナンパをしていても変な目で見られることもありません。
遠慮していては、もったいないだけです。

例えば海の家で休んでいる時などに、近くにいる女性グループに普通に話しかけてみるだけでも十分です。
おそらくすんなり仲良くなれるはずです。

もし上手くいかなかったとしても、次にいけばいいのです。
女性はいくらでもいます。
そして次々と声をかけても変な目で見られることはありません。それが海ナンパの良さです。

積極的に動こうと思えばいくらでも動ける。
そして、動けば動くほど女性をゲットできる、これが海ナンパの素晴らしさなのです。

確実にヤレるリゾートナンパ

海ナンパの延長上にあって、もっとおいしいのがリゾートナンパです。

夏になると学生から社会人まで、旅行にいく人が多くなってきます。
リゾートというと海外をイメージする人が多いかもしれませんが、国内の離島などのリゾートがとにかくおいしいのです!

私は関東なので関東を例に出しますが、新島などが有名ですね。
夏になると学生を中心に社会人まで、とにかく人出ごった返します。

そして、そのほとんどがナンパ目的です!
男性だけでなく、女性も、です。

行きの船の中から、もうそこら中でナンパナンパです。
行きの船の中ですでにエッチ、なんてことも珍しくはありません。もちろん部屋を取っている人に限りますけどね。

島に限らず、泊まりで来るような海のあるリゾート地というのは、その辺の海以上にはっちゃけています。

特に夜の海岸などは多くの男女が入り乱れてナンパ合戦ですね。
明らかにナンパ目的の男性ばかりの場所なのに、女性もわざわざ出てくるのです。
女性もナンパされたいわけですね。「ナンパ待ち?」とか聞くとたいてい「違うよ~」と言いますけど(笑)

そういう場所では、とにかく手数が勝負です。
確かに女性の数も多いですが、その分ライバルとなる男性の数もたくさんいます。
尻込みしてモタモタしていたら、食いっぱぐれてしまいますからね。

そんな感じで夏のリゾート地というのは、セックスがしたい男と女が入り乱れています。
そしてそれが当たり前な風景なわけです。

夏に刺激的な遊びがしたければ、セックスがしたければ海のあるリゾートへ行け!
そして遠慮せずにガンガンアタックしていけ!
まさにそういうことです。

夏のナンパはアイテムと戦略を用意しよう

夏の海やリゾートは、女性は開放的だし、緩くて、ナンパもしやすくて、セックスもしやすい。
これは間違いありません。

しかし、ライバルが多いのも確かです。
夏の海やリゾートが入れ食いだと言うことは、結構知られていますからね。

少しでも確実にゲットできるように、ある程度の道具や作戦などを用意はしておいた方がいいかもしれませんね。
慣れている人は、それなりに準備をしている人も多いので。

まぁライバルが多いと言っても、いつもの感覚が抜けなくて、尻込みして食いそびれる男性もかなり多いので、積極的にいくことさえできれば問題なく女性をゲットできると思いますが、準備はないよりあった方がいいですからね。

よくあるのが、女の子と一緒に楽しめるような道具を持っていくことです。
海で一緒に遊ぶためのビーチボールなんかを持っていく人は多いですね。

また夜で一番多いのが、やっぱり花火です。
夜の海岸線を花火を持ちながら女の子に声をかけている男性グループはよく見かけます。
やはり花火は夏の夜にはぴったりですし、女の子も好きですから効果的なアイテムですよね。
現地で買うのもありですが、売り切れることもありますし、結構高かったりします。また、普通の花火しかおいてないこともあるので、ちょっと派手な花火や変わった花火を前もって仕入れておくといいかもしれません。

それから、道具とは違いますが、昼間と夜であえて雰囲気を変える男性も結構います。
昼間は水着であったりラフな格好が多いのですが、夜になるとちょっとオシャレな小綺麗なファッションに変えたり、という手を使う人もいるんです。軽く香水をかけたりね。

海やリゾートでのナンパとなると、昼間に声をかけておいて、夜に待ち合わせるなんてこともよくあります。
また昼間に声をかけた子と夜にまたあったりすることも結構あります。
そういう時にギャップを上手く使うと効果的なんですよね。
昼間とは違う一面を見せることで、女の子の心を掴むことができるのです。
やはり男も女もギャップには弱いですから。

それからアイテムの他に重要なのが、やはり会話です。
なんだかんだ言って、やっぱりナンパでは会話が重要ですからね。
会話でいかに女の子にOKと思わせるかで決まってきます。

ナンパでの会話というと、多人数対多人数という印象があると思います。
それは確かに重要なのですが、結構1対1の会話も重要です。

特にセックスに持ち込めるかどうかは、1対1の会話にかかっていると言ってもいいでしょう。
大勢の中で「エッチしようよ」「いいよ~!」なんて会話にはなるわけありませんからね。特殊なケースを除いて。

やはり二人きりになったり、1対1で会話をするときに、いかに「セックスしてもいい」「セックスしたい」「エッチしちゃおうかな」と思わせるかが重要だったりします。

ナンパでの会話というと、楽しませる、笑わせる、という印象があると思いますが、必ずしも笑わせる必要はないんです。
女性をセックスに誘うための”コツ”みたいなものがあるのです。
そういった”コツ”をあらかじめ知っておくことも、よりセックスを確実にするためには大切だと思います。

これは使えるわ!と思えるものを下に紹介しておきます。

 

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ