国別比較セックスに対する満足度 セックスに関するアンケート

世界最大のシェアを誇るコンドームメーカーの英Durex社が定期的に行っている、セックスに関するアンケート調査「Durexセクシャルウェルビーイングサーベイ」。
恐らく世界最大規模で、最も有名なセックスに関するアンケートなのではないでしょうか?
世界26カ国約26,000人に及ぶ調査から、世界のセックス事情を見てみましょう。

Durex Sexual Wellbeing Global Survey 07/08
(デュレックス・セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ)

  • アンケート対象国 : 26ヵ国
  • アンケート対象人数 : 26,032人(うち日本1,090人)
  • 調査実施時期 : 2006年8月~9月
  • 調査方法 : インターネット調査(ナイジェリアのみ対人・記入式)

性生活満足度

Q、現在の性生活に満足してますか?

アンケート

現在のセックスに満足してますか?というアンケートですが、日本が圧倒的に低い・・・

「満足している」と答えた人が15%と頭一つ抜けて低い数字になっているのも特筆すべき数字だが、「不満」という数字が他国に比べてずば抜けた数字になっているのが驚きです。
1/3以上の人が「不満」と答えているわけで、それだけみんなセックスに満足してないんですね。

ただ裏を返せば、「不満」と答える人がそれだけ多いということは、それだけ「もっと充実したセックスライフを送りたい」と思っている人が多いともとれますが。

ちなみに、ナイジェリアの「不満」が0というのも凄いですね。羨ましい限りです。

男女別 性生活満足度

アンケート

こちらは、先ほどの質問に対する男女別の統計です。
日本は「満足」と答えた人が男性12%、女性18%と、女性の方がやや満足している人が多いようです。

ただこれを見ると日本だけでなく他の国も、比較的女性の方が満足度が高く、男性の方が不満に思っている人が多いみたいですね。
やっぱり男性の方が「もっとセックスを多のしみたい!」「もっとセックスをしたい!」って人が多いんでしょうかね?性的欲求が強いってことなんでしょうか。

ちなみに男性の方が満足度が高い国は、ギリシャ、ブラジル、中国、タイ、香港の5ヵ国です。

 

年齢を重ねるごとにセックスに対する満足度が低くなり、その傾向は女性より男性の方が強くなっています。
また相手との関係が長く続くことにより、セックスの回数が減り、刺激が減り、単調になる傾向があります。

そして、セックスの満足度を上げるためには、セックスを頻繁にすることと十分な前戯を行うことが重要で、男女ともに満足度のレベルに大きく影響しています。

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ