元々はどういう関係だった人とセフレになることが多いのか?

セフレがいる人は、実際にはどういう関係の人とセフレになることが多いのか?
実は意外な人とセフレになることが多いのです。

セフレとの関係

セフレを持っている人というのは、
決して少なくありません。

みんな口には出しませんが、
実はセフレがいるって人は意外と多いんです。

 

じゃあ、そういうセフレとは、
元々はどういう関係だった人なのか?

どんな関係の人とセフレになることが多いのか?

 

実際にセフレがいる女性に行った
アンケート結果があります。

それがこちらです。

Qセックスフレンドとの関係性は?(複数回答)

1. 男友達のひとり 57.1%
2. 元彼 24.7%
3. 職場の同僚 17.3%
4. 職場の上司 15.6%
5. 仕事関係の知人 8.7%

参照:あなたは、彼氏ではない男性とも、セックスしますか?

これを見ると一番多いのが、「男友達」です。
友達だった人と、ある時をあることがきっかけで、
セフレに発展することが多いようですね。

そしてその次に多いのが、「元カレ」の存在です。
別れた元カレと再開したのをきっかけに、
復縁ではなくセフレとしての関係になることが
多いんですね。

3位、4位、5位にきているのが、
意外なことに「仕事関係」です。

同僚、上司、仕事繋がりの男性と、
セフレの関係になることは意外と多いようです。

 

全てに共通して言えることは、
「身近にいる人」ということです。

セフレというと、合コンで知り合った子とか、
ナンパでゲットした女の子とか、
もしくは出会い系で出会った子が多いんじゃないか、
というイメージがあるかもしれません。

要するに、後腐れのなさそうな相手ですね。

でも実際は、身近にいる人と
セフレになることの方が多いようです。

 

女友達とセックスする。
元カノと体だけの関係になる。
会社や仕事関係の人と一線を超える。

これらは一見すると、難しいことのように思えるかもしれません。

でも現実では決してあり得ないことではないんですね。
むしろ、そういう関係の人とセフレになることの方が、
現実的だったりするのです。

 

もし身近に気になる女性がいるのなら、
先入観を捨ててアプローチしてみてください。

露骨に体目当てのアプローチではさすがに危険ですが、
アプローチの仕方を間違わなければ、
体の関係になることは不可能ではないのです。

コメントを残す