出会い系の業者と業者対策

セフレを作るためには、ネットというのは非常に便利な道具ではあります。
出会い系サイトやSNSを使えば、手軽にセフレを作ることもできますので、セフレ作りには不可欠といえるかもしれません。

しかし、ネットならではの厄介な面というのもあります。
そういったネットの罠ともいえるものをいかにかいくぐれるかが、ネットでセフレを作るための大きなポイントとなるでしょう。

業者

業者とは

サクラが自分のサイトの運営が女性を装うのに対して、業者というのは他のサイトの運営、もしくは運営に雇われた人が女性を装っていることを言います。

なぜそのようなことをするかというと、他のサイトへ誘導するためです。
つまり利用者の横取りですね。

最近はサクラよりも業者の方が多いように感じます。

誘導先のサイトは、たいていはポイント制の有料サイトだったりしますので、女性の誘いに乗って利用してしまうと、料金がかかってしまうということにもなりかねません。

また数は少ないかもしれませんが、悪質なものになると、メールアドレスを収集している業者であったり、ワンクリック詐欺などのサイトであったりというケースもありますので、十分注意が必要です。

そもそも、本当の女性が別のサイトへ誘導する必要はないのです。
実際に現在利用しているサイトで連絡が取り合えているわけですから、そこでやり取りをしていれば済むことです。
また今ではほとんどのサイトでは、直メ連絡であったり、写真交換であったりと、豊富な機能を備えているわけですから、わざわざ他のサイトへ移動する必要はないのです。

それなのにしきりに他のサイトへ行こうと誘うのは、何か怪しい理由があるに違いないのです。

業者の多いサイトは、無料サイトが一番多いといえるでしょう。

無料サイトの場合、男性はお金を払っていないため、気軽に他のサイトへ移動できるからです。

もしお金を払っているのなら、簡単にそのサイトを放棄する気にはならないでしょうし、また二つも有料サイトを利用しようという気もおきないでしょう。
しかし、無料サイトの場合、無理にそのサイトを使い続ける理由もありませんし、女性と会えるんだったら少しくらいお金を使ってもいいかという気にもなりやすいのです。

また無料サイトの場合、運営側が見て見ぬふりをしているということもゼロではありません。
業者がサクラの役割を果たしてくれるので、女性が少ない無料サイトとしては無理に排除する必要もないのです。

さらにひどい場合には、業者からお金をもらって業者の行為を見逃しているというケースもなきにしもあらずです。

そういうのはあくまでも悪質なサイトのケースですが、実際のところ業者を完全に排除するというのは難しい面もありますので、利用者側が自ら気を付けることが重要なのです。

業者対策

業者の場合、ほとんどが他のサイトへの誘導を目的としていますので、必ずといっていいほど他のサイトのURLを教えて誘導してきます。

「こっちのサイトで写真を公開してるから、こっちにいこう」
「こっちのサイトの方が使いやすいから移動しよう」
「こっちのサイトなら直メ教えられるからこっちを使おう」
などといって、他のサイトのURLを教えてきたら、注意した方がいいでしょう。

話が弾んでいたり、もう少しで会えそうだというところまでいっていると、淡い期待を抱いて思わず紹介されたサイトに移動してしまいたくなるかもしれませんが、そこは一度冷静になって、うまい誘いに乗らないように気をつけてください。

そもそも普通の女性がそんなに出会い系サイトに詳しいはずはないのに、他のマイナーなサイトへ誘うわけがありません。

教えてきたサイトがmixiなどのような知っているサイトであったら構わないかもしれませんが、それでもメアド収集や悪徳商法という可能性も否定できませんので、慎重になった方がいいかもしれません。

もし女性が他のサイトに誘ってきたら、うかつにそのサイトへ行くようなことはせずに、そのまま連絡を絶って、別の女性に再度アタックするようにした方がいいでしょう。

厳選!本当にセフレと出会える出会い系サイト

 

 

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ