セフレが作れるサイトの種類

ネットでセフレを作ると言っても、様々なサイトがあります。
出会い系サイト掲示板チャットSNSなど、それぞれタイプも異なります。
好みや目的に合わせて、上手くサイトを選択するようにしましょう。

出会い系サイト

ネットでセフレを作る

ネットでのセフレ作りに最も利用されることが多いのが、「出会い系サイト」です。

その名の通り出会いを目的としたサイトなので、セフレを探すには最も適していると言えるでしょう。
現在はサイトの数もかなりの数に上り、ジャンルに特化したサイトも増えているため、好みや趣向、目的に合わせてサイトを選ぶことができる。

多種多様な出会い系サイト

現在、出会い系サイトは、その数もさることながら種類も豊富に揃ってきています。

基本的には出会いの少ない男女の恋愛をサポートするのが出会い系サイトの趣旨なのですが、現在では特定の趣向・目的に特化した出会い系サイトが増えてきています。
人妻やOLに特化したサイト、直アド交換を目的としたサイト、近所での出会いを目的としたサイト、セフレ募集サイト、SMパートナー募集サイトなど、多種多様です。

通常のサイトと専門サイト、どちらも一長一短の特徴を持っています。

  • 通常出会い系サイト:セフレになるまで時間がかかるが女性会員が多い。
  • 専門出会い系サイト:セフレになるまで短時間ですむが女性会員が少ない。

友達、メル友、恋人募集の通常出会い系サイトは、女性会員も多いことが特徴です。女性一般紙などでも積極的にPRされていることも多く、また女性の警戒心も薄いことがその理由でしょう。
その反面、セックスを前提としている女性が少ないため、セフレになるまでには多少時間がかかります。

一方、専門特化したサイトでは、セックスを前提とした女性会員が多いため、セフレにするまで短時間で事が進むケースが多いです。
その反面、サイト名や内容に対して女性が警戒心を持ちやすく、女性会員が少なめになっています。

どちらを選ぶかは、自分の目的や好みに合わせて選べばいいでしょう。もちろん一つのサイトしか使ってはいけないということはないので、複数のサイトを使い分けるという方法も効果的でしょう。
ただし、あまり多くのサイトを利用すると、管理しきれなくなる場合がありますので、その辺は上手くバランスをとって利用するように注意が必要です。

掲示板

ネットでセフレ

ここでいう掲示板とは、登録なしで誰でも自由に書き込める普通の掲示板のことを言います。
出会い系タイプの登録制のセフレ募集掲示板などもありますが、それらは出会い系に含めても構わないかと思います。

掲示板は多くの方が利用したことがあると思いますが、様々なテーマを取り扱った掲示板があちらこちらにあります。
主に趣味や自分の好きな事柄をテーマにした掲示板がほとんどですが、中にはセフレを募集している掲示板も多くあります。
そのようなセフレ募集掲示板を使ってセフレを作るのも一つの手段として使えます。

直メールでやりとり

誰もが書き込めるオープンなセフレ募集掲示板の場合、自由に相手を募集して、連絡は直メールで行うというのが通常です。
自由な記述式なので、自分のしたいプレーやどういう相手を求めているかを具体的に書いて募集しているケースを多く見かけます。掲示板の場合、出会い系と違って検索機能もプロフィールもなく、たまたま目にした人に広く募集をかけるものですので、より具体的に募集内容を書く必要があるのでしょう。

また掲示板のメリットは、最初から直メールでのやりとりができるというところです。掲示板の場合、メール以外の手段がありませんので。(たまに電話番号を載せている人も見かけますが)
やはりサイトのメールボックスを使うよりは、スムーズにやりとりができるので直メの利点は大きいです。

その反面、男性の募集に対しては反応が悪いというデメリットもあります。
また女性の募集に対してはメールが殺到しますので、かなり競争率は高いと見ていいでしょう。

ただし、実際私も掲示板でセフレをゲットした経験がありますし、十分セフレを作れるメディアではあると思います。
本腰を入れると言うよりは、たまに目を通して女性の募集が目に入ったら送ってみる。もしくは募集を書き込んでおいて、気長にメールが来るのを待つ、というスタンスで利用するのがいいでしょう。

チャット

ネットでセフレ

部屋を取って待っていたら女性が入室。話してみたら気が合うし、意外と近くに住んでいることがわかった。話が盛り上がったので「これから少し遊ばない?」と誘ったらOKの返事。そのまま会って、その日のうちにセックスまで。
このようなことが可能なのが、チャットの魅力です。

 

リアルタイムな会話の魅力

他のサイトにはないチャットの魅力は、やはり会話のリアルタイム性でしょう。文字ということを除けば実際に会話をしているのと変わらないチャットで のやりとりは、メールの数倍スムーズに話が進みます。また会話にはメールにはない盛り上がり方がありますので、その効果の大きさもメリットの一つです。

もしメールでチャットと同様の会話をしようと思ったら、何十通のメールが必要となるかわかりません。女性とのコミュニケーションは、意外と雑談なども重要ですので、雑談を行えるチャットというのは、やはり女性を落とすのに有効なツールなのです。

また会話の盛り上がりのまま、すぐに会って即日セックスをする確立も、他のサイトに比べてグンと高くなるでしょう。知り合ってその日のうちにセックスの可能性が最も高いのもチャットの大きな魅力です。

一方、ネカマ率が高いのもチャットの特徴です。リアルタイムで相手を騙すというのが快感なのでしょう。(気持ち悪い快感ですが)
もしネカマに会っても、深く考えずスッパリと切り替えるようにしましょう。

アダルトをテーマにした「アダルトチャット」もありますので、そちらがお勧めです。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

ネットでセフレ

セフレ作りで今最も注目されているのが、SNSを使ったセフレ作りです。
通常SNSでは、共通の趣味や話題を通してコミュニケーションを図ることが目的で、出会いが目的ではないのですが、サイト上で仲良くなると、実際に会うようになるケースが多いそうです。

事実、SNSで仲良くなって誕生したカップルやセフレが数多くいますし、「今使える出会い系は?」と質問すると、「SNS」と冗談で返答が帰ってくるほどなのです。

女性の警戒心が最も少ないサイト

数あるサイトでも、女性が最も警戒心を抱きにくいサイトのタイプがSNSです。
日本のSNSの多くが招待性を導入しているため、「誰かの招待で加入している」というのが安心感を生むのでしょう。また出会い目的のサイトではないというところも大きな点だと思います。

SNSはシステム的に、女性とコミュニケーションが取りやすいようになっています。共通の趣味のコミュニティを通して知り合うなどすれば、より 円滑なコミュニケーションを取ることができますし、多くのSNSに実装されているブログを上手く利用すれば、素性のわからない相手よりもより親近感を持っ てもらえます。
つまりSNSは、女性と親密な関係が築きやすいシステムになっているのです。

親しくなっても「セフレにはなれるのか?」という疑問もあると思いますが、エッチな話を全く抜きで仲良くなった女性でも、いざ会うとセックスをしてしまうケースがかなり多いようなのです。女性は一度安心感を覚えた相手には、体を許しやすいということなのです。

今人気のアダルトSNS

また通常のSNSではアダルトなコミュニティは禁止されているところが多いため、今アダルト専門のSNSが人気を集めています。
アダルト専門のSNSであるため、当然コミュニティもアダルトが中心になっており、様々な性癖を持った人が包み隠すことなくコミュニケーションを取れるようになっています。

今現在は男性の会員が多いようですが、サイト管理者側も男女のバランスを取るように努めているため、より女性と出会いやすいサイトとなっていくでしょう。
セフレを作るには、アダルト専門SNSもお勧めします。

 

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ