40代女性のセフレ攻略法【その1】

40代女性のセフレを作るのはなかなか至難の業です。
なぜなら圧倒的に数が少ないからです。

なかなか出会う機会がない40代女性ですが、現実に40代の女性をセフレにしている人は大勢いますし、彼女たちもまだまだ女です。

まだまだセフレとしての魅力に溢れていると言えるでしょう。

40代の女性もまだまだ現役の女

40代女性のセフレ攻略

40代と言うと、結婚をし子供もいる女性も多いことでしょう。

そのような女性がセフレを欲しがるかどうか疑問に思う人もいると思いますが、彼女たちもまだまだ現役の女なのです。

芸能界などを見ても、魅力的な40代の女性はごまんといます。セックスの対象としても十分見られる年齢なのです

もちろん40代の女性自身も女を諦めてもいませんし、やめてもいません。女性はいくつになっても女でいたいものなのです。

もちろんセックスに関してもまだまだ現役です。

やはり40代になるとセックスをする回数自体は減ってきます。特に原因となるのはセックスレスです。40歳を過ぎると男性もセックスを求めることが少なくなり、家庭でのセックスが無くなるのです。
そのようなセックスレスの生活に物足りなさを感じて、セフレを作る女性もかなり増えてきています。

現在では、40歳代前半の女性の5~10%ほどが婚外性交渉を行っているそうです。男性に比べれば低い数字ですが、以前に比べて増えてきたのではないかと思います。

40代のセフレとは完全に割り切った関係が持てる

リスクのない割り切りの関係

40代女性のセフレ攻略

40代女性のセフレのメリットは、完全に割り切りのセフレ関係を持てるということです。

40代女性の多くが既婚者です。彼女たちは、旦那さん以外の“恋人”を持ったとしても、家庭や今の生活を壊しても恋人とやり直すと考える人は、ほとんどいません。今の生活を壊さない範囲での付き合いを望んでいるのです。

そのため関係は必然的に割り切った関係となり、まさにセフレそのものです。

割り切ったセフレを欲しいと思っている男性には、願ったりの相手ではないでしょうか。

しかしその分、リスクを感じてまで関係を継続しようという気はないので、もし男性の方が生活に影響を及ぼしそうな行動をしたならば、すぐに関係は終わりとなってしまいます。
男性の方も、割り切った考えが必要なのです。

女として大切にされたい

ただ、割り切りと言っても、体だけの関係を望んでいるかというと、そうでもありません。

本当に望んでいるのは、30代の女性同様、女として大切にされたいということです。女として大切にされ、その上でのセックスなのです。

やはり家庭の中で、女として大切にされているという実感を持つ女性は少ないようで、その満たされない感情を外の世界に求めているのです。

40代の女性とセフレ関係を持つ際にも、一人の女としての時間を提供することが重要なのです。

それさえ提供できれば、セックスをすることは難しくはありません。

相手も大人の女性なのですから、セックスありきの関係だというのは百も承知ですし、セックスで女を感じるというのも事実ですから。

40代女性とセックスをすることは難しくはありません。一人の女としての実感さえ与えてあげればいいのです。

40代女性のセフレ攻略法【その2】

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ