身近な女性のセフレ感

男性の多くがセフレを求めているのはわかります。可愛い子とセックスがしたい、色んな女性とセックスがしたい、少しでも多くセックスがしたいと思うのは男の性とでもいうのでしょうか。

では女性はどうなのでしょうか?セックスに対してかなり開放的になってきているとは言われていますが、まだまだ男性に比べてセックスに対しては慎重な印象があります。

実際のところセフレについてどう思っているのか、本音が気になるところです。

セフレに興味があるのでしょうか?セフレを持ちたいと思っているのでしょうか?

身近な女性のセフレ感「公言するのは恥ずかしい」

ヤラシイ女と思われたくない

セフレ感

今度はもっと身近な女性のセフレ感を見てみましょう。

あなたの周りにセフレを持っている女性はいませんか?私の周りには現在セフレがいる、または過去にセフレがいたという女性が結構います。

恐らくあなたの周りにも、意外と近くにセフレを持っている女性がいることでしょう。

ただそういう女性は、自分からセフレがいることをあまり言いません。男なら自慢げに話す人もいると思いますが、女性がセフレがいることを公言することは滅多にありません。端から見ても、明らかにセフレがいるにも関わらずです。

どうやら女性の中でも「セフレを持つことはふしだらだ」、また「セフレを持っている女性なんて世間では少数派だ」という思いが強いようです。

しかし先のアンケート結果でもわかる通り、本心では多くの女性がセフレに興味を持っています。またセフレがいる女性なんて決して少なくありません。それにも関わらず、です。

本当だったら女性の本音は女性が一番よく知ってるはずなのですが、セフレについて堂々と話しをしたり聞いたりする機会が少ないためか、イメージ の中で「セフレ=ふしだら」「セフレ=少数派」と思いこんでしまっている、もしくは世間ではそう思われていると思いこんでいるのです。

やはり女性としては、「世間では数少ないふしだらな、淫らな、ヤラシイ女」と思われたくないので、どうしてもセフレの存在を隠そうとしてしまう のでしょう。また男性にそう思われたくないのはもちろんのこと、女性は同性からの評価もかなり気にします。そのため女性同士でもセフレについて話すことは あまりなく、話すにしてもかなり親しい限られた者同士だけで話をするようです。

実は女性自身も、世間の女性のセフレ感について知らないものなんですね。

セフレであってもセフレとは認めたくない

また女性の中では、例えセフレであってもセフレと認めたくないという気持ちも強いようです。

客観的に見たら明らかにセフレである存在でも、本人は認めようとせず、ただの友達だと言い張るケースも多々あります。ただの友達で、たまたまセックスもしてしまっているだけだと。

セフレ=ただセックスをするだけの関係、というイメージがあるんでしょうか。女性にとっては、セックス以外の付き合い、遊びに行ったり、相談したりというセックス以外の付き合いもあるセフレをあまりセフレとは呼びたくないのかもしれません。

あとは先ほどと同じ理由で、セフレ=淫らというイメージから、「淫らな女」と思われたくないというのもあるのでしょう。

ちなみに女性はオナニーについてもあまり話したがらないですよね。聞いてもほとんどが「してない」と答えます。
これもやはり「オナニーをする女性=淫ら、エロい、欲求不満」だと思われたくないからだと思います。

しかし実際には多くの女性がオナニーをしていますし、アンケートをとってもだいたい50%以上の女性がオナニーをしていますし、アンケートによっては90%という数字も出ています。

今では女性がオナニーをするのは珍しくなく、多くの女性がオナニーをしているのですが、その事実を知らない、もしくはオナニーをする女性はまだ少数だと思っている女性も多いようです。

女性がオナニーをすることは恥ずかしいことであり、少数のヤラシイ女性・欲求不満の女性のみがする行為だと思いが強いため、オナニーをしていることを隠したがるのです。

個人的な経験ですが、ネットなどで知り合った女性に聞いてみたところ、ほぼ100%の女性がオナニーをしていました。ネットで知り合ったからこそ正直に答えてくれたのだと思います。

オナニー同様セフレについても、「直接公言するのは恥ずかしい」というのが、女性の本心なのでしょう。

身近な女性のセフレ感「セフレには興味あり」

セフレについてはなかなか口を割らない反面、その場限りのエッチ1回きりのセックスの話は意外と話してくれるケースが多いです。

恐らく、一晩限りの経験の場合、その場の雰囲気や心理状態、相手の押しの強さなど、言い訳がしやすいからなのだと思います。

よく女性は、「セックスをする(した)理由を付けたがる」と言います。自分に対しても、他人に対しても仕方なかったと言い訳がつくようにしたいのでしょう。

しかしセフレのように、定期的にセックスをする場合、言い訳が付きにくくなってきます。毎回雰囲気がどうのこうのと言っても、何回もしていたら説得力がありませんからね。

そういう理由からも、セフレのことは隠したがるのでしょう。

人のセフレ話には敏感

セフレ感

では実際に女性はセフレに対して嫌悪感を抱くものなのかというと、そうでもありません。

例えばセフレのいる友人の話などをすると、かなり興味津々で聞いてくる子が多いのです。

特に聞かれることが多いのが、
「どこでセフレと知り合ったのか?」
「セックスするようになったきっかけは何だったのか?」
「セックスした後は気まずくならなかったのか?」
「セフレになっても変わらず友達としていられるのか?」
などです。

まるで自分がセフレを作る時に参考にするかのような内容ですね。

「自分だったら・・・」

そしてもう一つの大きな特徴が、だいたいが自分に当てはめて聞いていることです。

例えば「ネットで知り合った」という話をすると「私はネットは怖くてだめだなー」とか、「部屋で酒飲んでてそのままエッチした」というと「私もお酒強くないから、部屋で飲んでたらやばいかも」などと、自分だったらどうだろうかと自分に置き換えて話を聞いているのです。

やっぱり自分だったらセフレになるのか、セックスをしてしまうのかということに興味があるようです。
やはり女性もみんなセフレがいる生活とはどういうものなのか、セフレはどうやって出来るのかなどにとても興味があるのです。

少なくともセフレの話をしたときに、あからさまに嫌悪感を示したり、否定的な反応をしました女性はいませんでした。
やっぱり女性もセフレに対しては、興味があるものなんですね。

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ