セフレとは?

セフレとは?

男なら誰しもが一度や二度はセフレが欲しいと思ったことはあるでしょう。一度や二度どころではないかもしれませ んね。可愛いセフレを作って、好きな時にセックスができたらどんなに良いことか。彼女や奥さんとではできないプレーを純粋な楽しみとしてセフレとプレーし てみたいと思っている男性も多いのではないでしょうか。

意外と彼女や奥さんが相手だと、遠慮や恥ずかしさが出て、なかなかやりたいこともできなかったりします。身も心も丸裸になって、心ゆくままにセックスを淫らに楽しみたいという男性や女性も多いのではないかと思います。

ところでそもそもセフレとはどういう人のことをいうのでしょうか?

セックスフレンドは、セックス(性交)を楽しむことを目的に交際している男女(または同性)の関係を指す俗語。セックスをする事が出来るが恋人ではなく友達(友達関係でありながらセックスを出来る異性または同性のこと)をさす場合もある。一般的にセフレと略され、特にゲイの間ではセクフレと言われることが多い。英語ではスラングとしてFuck Buddy(ファックバディ)と言われる。

引用”Wikipedia「セックスフレンド」”より

セフレの作り方

つまり彼女や奥さんとは違い、恋愛関係や婚姻関係ではない間柄でセックスを行う異性のことを言うということでしょう。セックスフレンドは、直訳すれば「セックス友達」。略してセフレとかセクフレ、エッチ友達、ヤリ友などと呼ばれていますね。

では、ただセックスだけで結ばれている関係はどうなんでしょうか?もちろんそれもセフレには違いないでしょう。

ただ個人的な解釈で言えば、「セックスもする友達」というのが一番しっくりくるような気がします。あくまでも友達としての関係が前提としてある相手をセックスフレンドと呼ぶと思っています。

心の通ったセックスはやっぱり気持ちいい

では友達ではない女性との関係はセフレではないのか?

いやいや、そういうわけではありません。ただ、やっぱり心が通った相手とのセックスは、ただ体だけの関係のセックスよりも気持ちがいいし、興奮度も高いものなのです。

こんなことを言うと「やっぱりセックスは愛情が云々かんぬん・・・」などと野暮ったいこと言っているように聞こえますが、そういうわけではありません。愛情のあるセックスがしたいなら、彼女や奥さんと好きなだけやってなさい!と・・・

ここで言う心の通ったというのは、愛情ではなく相手に感情移入ができるかどうかと言ったらいいのでしょうか。

セフレの作り方

相手の性格や普段の生活、普段考えていることや趣味趣向、好み、バックグラウンドなどを知っている相手とのセックスの方が、何も知らない相手とのセックスよりもより大きな快感や興奮を覚えるものなのです。

逆に何も知らない人とのセックスは、どこか味気なさが残ります。風俗に行ったことがある方はわかると思いますが、風俗は素性を全く知らない相手との体だけの快楽を求める場所です。もちろんそれでも気持ちは良いのですが、やはりどこか味気ない満たされない感覚が残ります。

中にはその方がいいという人もいますが、セフレを求める人は、単にお金がかからずにセックスができる相手が欲しいというだけではないと思います。風俗では得られない生々しい興奮(上手い言葉が見つからないですが・・・)を得たいのではないでしょうか。

ただ体だけの関係では、お金のかからない風俗と変わりありません。

セフレでしか得られない快感と興奮を得るためには、相手のことをより知ることが大切なのです。そのためにはただ”セックスをする”関係というだけでなく、友人関係を築くことが大切になってくるのです。

追伸、風俗よりも高いお金を出してまでも援交に手を出す男性が後を絶ちませんが、やはりこれも風俗では満たされない生々しい興奮を求めているこ とも一因なのではないかと思っています。援交も風俗と何ら変わらないのですが、風俗よりは多少ドライさが少なく、生活感のある生々しいセックスができるで しょうからね。(私は経験ありませんが。というより、援交なんか相手にせず、セフレを作ってください!その方が絶対に得です。)

セックスだけの関係はセフレじゃない?

では、セックスするだけの関係はセフレではないのか?

いえ、そういうわけではありません。例えばネットで会った子や合コン・ナンパで知り合った子とその日のうちにセックスしてしまうこともあるで しょう。セックスから始まった関係はどうしてもセックス中心の関係になりがちです。もちろんそれもセフレであることに変わりないでしょう。

そもそも私はセフレを定義する義理も権利もありませんので(笑)彼女や奥さん以外のセックスをする女性はみんなセフレと呼んでいいと思います。

ただやはりセフレの醍醐味はセックス+人間関係にあると思います。相手を知ればそれだけセックスの時の快感も高まるのです。ただ会ってセックス をして、ハイサヨナラでは味気なくないですか?セフレの楽しみはその先にあるのですから、そこで止まっているのはもったいないのです。

それに相手を知ると言っても、深く知ろうと探ったりするほどの必要はありません。普通の友達と接するように、雑談をしたり、日常の会話をした り、遊びに行ったり、愚痴を聞いたり、普通の友達と同じ様な付き合いをすれば十分です。それだけで十分相手のことを知ることはできます。

そのような付き合いの中で新たな一面を知ったり、日常の姿を垣間見たりすることが、今度はセックスの時のギャップとなり興奮に繋がるのです。

よく知らないAV女優の裸よりTVで見かけるタレントや知り合いの女性の裸の方が興奮しませんか?それは普段の姿を知っているからこそ対比で、よりヤラシさが際立つからなのです。

まあセフレを持つ場合は、大抵は友達としての付き合いも持っているものです。セックスだけの関係では長持ちさせるのは難しいですし、長く付き 合っていれば自ずと相手のこともわかってきます。1回2回セックスしただけではセフレとは呼ばないでしょうし、定期的な関係があってこそセフレなのだと思 いますしね。

ネットや合コンで会って、最初は見ず知らずの人といきなりセックスをしてしまう興奮を、そして付き合いが長くなり相手を知ることで更に違った興奮を得られるなんて最高じゃないですか。

まさにセフレでしか得られない楽しみです。

セックスのためにお勧めの裏ノウハウ